×

CATEGORY

HOME»  雷魚・ナマズ»  Valley hill(バレーヒル)Head gunner(ヘッドガンナー)Jバージョン

Valley hill(バレーヒル)Head gunner(ヘッドガンナー)Jバージョン

輸出モデルが装いを変え、国内向けとして登場!

  • Valley hill(バレーヒル)Head gunner(ヘッドガンナー)Jバージョン

  • 販売価格

    28,710円(税込) 29,205円(税込)

  • 在庫を確認する

  • モデル

  • 購入数

カートに入れる(大)
  • 輸出モデルが装いを変え、国内向けとして登場。

    元来極東ロシアの広大な湿原のノーザンスネイクヘッドをインフレータブル・カヤックから狙ったり、東南アジアのダム湖や
    野池のスネイクヘッド族をボートやカヌーから狙ったりするために開発されたシリーズです。

    GUN2 ZERO SNAKEHEAD SPECIALやSERPENT RISINGシリーズの企画開発者である、WHPLASH FACTORYの新家邦紹氏が、
    ロシアに渡航した際に、現地の人たちと一緒に釣りをし、彼らのリクエストと自身の構想を合わせて、そのスタイルに適応した
    ロッドを作ろうと発案したことに端を発します。

    そのため日本国内でへヴィーカバーエリアを陸から攻略するために作られた従来のライギョロッドより、全体的にやや短く、
    ややライトに作られています。したがって典型的なへヴィーカバーでは力不足であることは否めません。
    しかし、従来のライギョロッドではパワーをもてあますライトカバーや、煩雑なキャストと細かいルアー操作を求められる
    小規模用水路などでは絶妙にマッチすることがあります。

    このHEAD GUNNER J-VERSIONは輸出モデルをベースにスレッドカラーとリールシートを変更。そして、グリップブランクスを
    若干強化しました。
    必要十分なパワー、ストレスのないテーパーデザイン。適度な張りを保ちなたらも、フレキシブルでしっかり粘ります。
    腕力に自信のない方や、女性アングラーにもお勧めできるし、上級者にも納得して頂けるトータルバランスを備えています。

    2019年、HGJ-608LHも登場しました!東アジアに分布する中型スネイクヘッド族を対象に開発されたライトモデル。
    カバーエッジのトーマンも想定内。日本ではライヒーがメインターゲット。HGJ-610Hより少しショートかつ少しライトで、
    ライトカバーやカバーエッジの動きの速いライヒーを、小型ウィードレスプラグを自在に操ってテクニカルに攻略できます。

    レンジ6’8”(203) グリップ脱着式 仕舞寸法151 重さ270 トップ径2.2 バット径11.7 ライン#5-8 パワーL.Heavy
    テーパーReguler バランサー 25.0 リアハンドルレンジ340 カーボン79

    他機種は下に表示してあります。

関連商品

商品カテゴリー

お買い物ガイド

雷魚の部屋

トラウトの部屋

根魚の部屋

鯉釣りの部屋

雷魚審議会
環境コンテンツ

リンク集

釣りイベント紹介