HOME»  鯉釣りの部屋»  ヨーロッパスタイル鯉釣り

ヨーロッパスタイル鯉釣り

ヨーロッパスタイル鯉釣り

鯉は、日本を始めとしたアジアだけではなく、世界中で愛されています。
特にヨーロッパでは、絶大な人気を誇り、日本古来の吸い込み釣りや、
練り餌を使ったウキ釣りとは違った文化を形成しています。

1,ボイリー

まず、日本で紹介され、広がったのが「ボイリー」でした。
その名の通り、粉末でボールを作り、ボイルすることで固いエサを
作ります。強い臭いも無く、固いのでジャミが過剰に寄ることもなく、
じっくりと大物を狙う事が出来るのです。

2,味つきのカープベイト

後に、海外から個人的に、強烈な味と臭い、色がついたカープ
ベイトを自分で取り寄せ、使う人が現れたり、バークレイが「バズベイト」
という商品をリリースし、普通に日本のショップでも手に入るなど、さらに
楽しく、鯉釣りが楽しめるようになりました。

従来の鯉釣りのように、手を汚す事もなくスタイリッシュで、ルアー釣り
のローテーションのようなゲーム性も持つようになりました。

味つきのカープベイトはコチラ↓

バズベイトシリーズ↓

ヨーロッパスタイル鯉釣り

ガルプ!カープベイト↓

ヨーロッパスタイル鯉釣り

使い方は非常に簡単です。ボール型のカープベイトは固いので、フックに
刺す事が出来ません。ですから、ニードルを使って、ボールに通して、
ヘアのついた仕掛けに通して、ビーズで固定します。図を参考していただけ
れば分かりやすいでしょう。↓

ヨーロッパスタイル鯉釣り

ニードルはコチラ→ヨーロッパスタイル鯉釣り

ビーズはコチラ→ヨーロッパスタイル鯉釣り

ヘアの付いた仕掛けはコチラ→ヨーロッパスタイル鯉釣り

コチラも→ヨーロッパスタイル鯉釣り

防伊里式でも使えます→ヨーロッパスタイル鯉釣り

そして、寄せエサは大きな団子を作るのではなく、PVAと呼ばれる
水に溶ける袋に、カープベイトを入れたり、パウダーベイトを入れたり、
コーンを入れたりするなどして、結んで投げます。

コレにより、手が汚れるわずらわしさや、オケや水も不要になり、
スタイリッシュに釣りを楽しむ事が出来ます。

ヨーロッパスタイル鯉釣り

動画サイトや、DVDを見ていると、ヨーロッパでの釣りは広い湖などで、長い竿を使い、
センサーを利用して、大物を狙うといったスタイルが定着しているようです。

そういった釣り方を導入して、日本で大物を狙うのも、もちろん楽しいです。

さらに、でんでんまるでは、小林重工とヨーロッパスタイルのエサを融合した
防伊里型コ式や、防伊里式を提案したり、身近な水路や狭い池でも、
カッコイイヨーロッパスタイルの釣りを応用できるように、オリジナルロッドを
販売しております。

5,6フィートで短くて軽いスピニングパワーロッド「DENDENMARU”淡”剛↓

ヨーロッパスタイル鯉釣り

 

淡水のスピニングロッドでは考えられない65-4|6(195cm)の
パワーロッド、オーシャンマジック65-4|6”リーズナブルバージョン”↓

ヨーロッパスタイル鯉釣り

 

オリジナルスモールカープロッド、DENDENMARU"弾”↓
ヨーロッパスタイル鯉釣り

このように、よりヨーロッパスタイルを楽しめるように、日本のフィールドや
ゲーム性に合わせたアイテムの提案や、融合を日夜考えております!

防伊里式の説明ページにもありますが、気楽なヨーロッパスタイル
の動画はこちら↓