HOME»  鯉釣りの部屋»  詳しいコ式解説

詳しいコ式解説

コ式

エサを針に付けて投げるだけの、シンプルな釣り方です。スポンジの
ボディー部分がウキにもなり、錘にもなるので、ルアーのように飛距離
が出せて、トップウォーターゲームが楽しめます。

一見、スポンジに針が付いているだけの単純な形に見えますが、
8種類の使い分けが出来るようになっています。

●MP65コ式

小林重工が「元祖」と位置づけるタイプ。重さが3/4ozあり、雷魚タックル
などのヘビータックルでも使う事が出来て、ハリスは200ポンド、極太の
大きな針がふたつついていて、草魚にも安心して使えます。

商品ページはコチラ↓

コ式

 

●銀座型コ式

カラーが選べる楽しさがあるというだけではなく、3/8ozで、他のシリーズと
比べても軽いので、スピニングタックルやのべ竿のようなライトタックルでも
使いやすいという利点があります。さらに、MP65や神田型に比べて、
フックが細くなっているので、吸い込みがよく、かかりやすいです。

商品ページはコチラ↓

コ式

 

●神田型コ式

MP65式と同じ、ハリスは200ポンド、極太の大きな針がふたつ付いて
いるモデルで、重さが1/2ozとMP65より軽くなっています。
つまり、MP65の仕様で、もう少しライトに使いたいという人のための
モデルなのです。のべ竿や、スピニングタックルで3/4ozだと重いとか、
ヘビータックルでも着水音を抑えたいという気持ちがありつつ、ハリスと
フックはMP65位あるもので、大型魚を狙って行きたいみたいな人が
使うといいでしょう。

商品ページはコチラ↓

コ式

 

●MP64コ式(TYPE竹)

リーズナブルなので、気楽に始めたいという人はいいでしょう。
さらに、銀座型のような細い針で吸い込みもよく、軽いので
着水音も低いです。本体のカラーバリエーションがあるのも
楽しいですね。

商品ページはコチラ↓
コ式

 

●MP64コ式(TYPE松)

針が細くボディーは大きくて重いのが特徴。そのため、「吸い込みが
悪くて銀座型が有効な固体が多いんだけど、飛距離を出したい」とか
「そういった状況で
ヘビータックルでやりたい」みたいな、ワガママな
要望に
応えてくれます(笑)商品ページにも、メーカーのページにも
12gと書いてますが、オモリのみの重さ表示かもしれません。
神田型より大きく、重いように感じます。飛距離と吸い込みの良さを
融合したモデルです。

商品ページはコチラ↓
コ式

 

●防伊里型コ式

ヨーロッパスタイルとマットソニック理論の融合を閃いて、ヘアの付いた
コ式をでんでんまるが依頼して誕生しました。

利点としては、ヨーロッパスタイルのエサをつけるだけでなく、エサと
フックが離れているので、警戒心を減らせますので、アタック率が
上がります。さらに、フックがむき出しなので、フッキング率もいいです。

このみっつの利点の他にマットソニック理論では、「太軸で小さな針は
曲がり難い」というのがありますが、他のシリーズはパンを付ける
必要があることから、長い針をつけています。防伊里型コ式は、針自体に
エサをつける必要がないので、食い込みもよく曲がり難い小林重工が
理想だと思うフックをつける事が出来るわけです。

商品ページはコチラ↓


コ式

●特機 防伊里型コ式

防伊里型コ式は、エサの浮力をより活かす為に、ラインが細いダクロンに
なっていて、小さな針が付いています。「大きな固体を狙う」とか、
「ヘビータックルを使う」という理由で、ラインと針が太い物を使いたい人への
タイプです。ノーマルの防伊里型より大きな針と、200ポンドのラインが
使われています。

商品ページはコチラ↓


コ式

防伊里型コ式についての動画はコチラ↓


●マイクロ コ式

マイクロサイズのコ式です。パンをつけてのテラピアや、ガルプパワーナチュラル
などをつけてのカワムツやマブナ、ブルーギルなど、トップで釣れて、楽しい魚と
遊ぶ用途満載です。色々工夫して、お楽しみください。

不意の大物にも対応できる、太軸フックですが、小型の魚もフッキングします!

商品ページはコチラ↓

コ式

 

マイクロ コ式の動画はコチラ↓