HOME»  雷魚・ナマズ»  TULALA(ツララ)Glissando 56

TULALA(ツララ)Glissando 56

シリーズ内でも最もフィネスなULロッド!

  • 渓流ロッドのような繊細な見た目のグリッサンド56は、1gにも満たないようなルアーを操作することができる、シリーズ内でも
    最もフィネスなULロッドに位置付けられます。

    見た目どおり、柔軟なのはティップだけ。ベリー~バット間はガッチリとした仕様です。 ティップはアジング用ロッドやエリアトラウト、
    源流ロッドといったイメージどおりの柔らかなULタッチで、ルアーチョイスを軽く、小さく、ラインを細くしなやかにしても、操作感を
    つかみやすくしています。
    このためベイトでは扱えないほどの小さなルアーやゼロシンカージグヘッドといった空気抵抗を持つフィネスルアーを操作していくことが
    可能となりました。
    ティップは柔軟ですが、ベリー~バットセクションは強靭。 この理由はこの竿の舞台となるマングローブやサンゴ礁などの魚の特徴に
    あります。まず口元が硬い魚種が多いこと、そして根に潜る特性を持っていること。 ラインが竿の上に載っているベイトタックルで
    あれば、レギュラーテーパーであってもこなせるこの二つの特徴ですが、より小さいルアーを操作するライトラインのスピニングとなれば、
    どうしてもこの二つの局面だけは曲がらせることはできません。
    フッキングも根に潜るのも、どちらも一瞬の出来事です。 竿を構え直すだけで素早くフッキングが出来、掛けた直後からのほんの
    僅かな時間だけでも、後ろや真下を向かせない硬さを。 一見特殊な竿に見えるかもしれませんが、この竿がハマるシチュエーションに
    おいてその存在は絶対的。釣り人にとって不利な状況において強力にサポートしてくれることでしょう。

  •  

関連商品